MITSUBOSHI DENKI SEISAKUSYO                      

■ご挨拶 ■概要 ■製品情報 ■設備 ■お問合わせ

 沿革  History


 大正11年6月  京都市南区蔵王町に於いて平井電機製作所(個人)として電気機器製造販売 
   を開始、主として配電盤、分電盤、柱上用注入開閉器、油入電磁開閉器等 
   の製作並びに販売に従事 
   
 昭和16年11月    有限会社平井電機製作所(資本金100,000円)に組織変更 
   
 昭和19年7月    南区東九条上殿町に移転拡充 
   
 昭和21年6月   有限会社三星電機製作所と改名、資本金600,000円に増資 
   
 昭和26年11月    資本金4,000,000円に増資、株式会社に組織変更 
   
 昭和32年11月   経営合理化技術向上の模範工場として中小企業長官より表彰を受ける 
   
 昭和37年1月   本社工場を現在地に移転拡充 
   
 昭和38年3月   中小企業庁より企業合理化モデル工場として指定を受ける
   
 昭和48年11月   資本金67,500,000円に増資 
   
 昭和51年6月   非常用配電盤第1種認定を受ける 
   
 昭和55年6月   非常用配電盤第2種認定を受ける  
   
 平成9年4月   (社)公共建築協会 電機設備機材評価を取得 
   
 平成20年11月   JSIA ((社)日本配電制御システム工業会)優良工場認定取得により
    ISO(JIS Q 9001)に基ずく品質保証制度を導入 


 Copyright (C) 2012 MITSUBOSHI DENKI SEISAKUSYO.All Rights Reserved